大多喜ブルワリー 夏OPEN予定!!

NONSUCHを含め、池袋で3店舗で飲食業を展開しているOASISグループが、この夏、千葉県大多喜でブルワリーを始めます!!

只今、私達、池袋のOASISグループ(BAR Oasis, ALE HOUSE, NONSUCH)のスタッフ総出で千葉県は大多喜という山奥で8月のブルワリーOPENに向けて、毎週、片道2時間〜3時間かけて出向き、泊まり込みで肉体労働作業などをしております…!

このコロナ禍で池袋の3店舗は営業が全く出来ない状況を逆手に取って、新たな事業に力を入れています。運営は現地に住むスタッフが主導で行われますので、私達はOPENまでのお手伝いや運営していくにあたってのアドバイスやフォローをしています。そろそろ準備も大詰めを迎えつつあるのですが、やることは挙げ出したらキリがなく、理想と現実のバランスに頭を悩ませながらも、どうにか予定日にOPENさせたい…という一心で、山奥で人との接触を最小限に抑えながら、自粛期間中の5月、6月はブルワリー作りに精を出していました…。

そして、そんな中、私、NONSUCH店長鈴木はこのタイミングで、ギックリ腰をやってしまいました…。先週の金曜日の事です…。1週間〜2週間は絶対安静というお医者さんから診断をくだされ、コルセットを巻いて、杖をつきながらの生活を今現在は強いられています…。ブルワリーOPEN作業の戦線を離脱し、何も出来ない状態は本当に辛いし、情けないし、申し訳ない、…という気分で只々、静かにやり過ごし、静養するしかない日々です。そろそろ、お店も再開出来るかもしれないので、その再開準備も始めなければいけません。そのためには、一刻も早く腰を正常に戻さなければ…!と、静かに焦ったりしています。(それをお医者さんに言ったら今後またブリ返さない様に無理は禁物…と、釘を刺されましたが…。)

まあ、そんなこともありつつ…今はこうして、先月を思い返し、静かにブログを綴っております…では、その大多喜ブルワリーの作業の様子の一部をちょこっとここでご紹介しようと思います!

納屋を改装したブルワリー外観
ブルワリー前の庭園スペース。ここでバーベキューもする予定です!
ちょっと中のタンクも見えますね、手前のつなぎを着た方が、ヘッドブルワーの宮崎さん。
ブルワリー2階のタップルームの壁を作る作業中
エールハウス店長林さんとの二人三脚的共同作業
手前に立たれている方が、木製品工房をやられている松浦さん。NONSUCHの内装も手掛けて頂きました。
Oasisグループ社長鈴木さんとヘッドブルワー宮崎さん。
カウンター下の木材端材モザイクデザインは社長のアイディア。
冷蔵庫を2階タップルームに運ぶ作業。この時は本当に危なかった…、下の方を持って支えていたが、思うように階段を通せなくて、時間がかかり耐久戦になり、力尽きて冷蔵庫の下敷きになりそうになった…三途の川の入口付近がちらっと見えました。
Bar Oasis店長上田くん。ブルワリー1階スペースの壁を塗装。「自分的に、納得の出来る仕上がり!」と後談有り。
エールハウススタッフ小熊さん。サブバーベキュースペースの母屋テラスの塗装。仕事が丁寧です。
またまた上田くん。上田くんは大多喜滞在時間最多スタッフ。よって作業した量は自然と多くなりました…。夜には焚き火マスターに変貌して、皆に暖かい火を起こしてくれました。
ギックリ腰になる前、在りし日のNONSUCH店長鈴木…。そして、この庭木の剪定、草むしり作業に腰を捧げました…。
サブバーベキュースペーステラス。床、手すりを水性防腐塗料で塗装。
作り立てビールのお供にバーベキューも楽しめる予定です。プロ仕様のSL機関車のような巨大ロースターで焼くお肉は絶品!!


大多喜麦酒…これからが本番です…!!

最後に、お肉を焼いてくれるバーベキュー検定取得の
大ちゃん!!
かわいい!!♡

「大多喜麦酒」、この機会に名前だけでも覚えて頂ければと思います!!そして、OPENしましたら、ちょっと遠いですが、可能なら千葉県大多喜のブルワリーにも足を運んで下さい!

また、NONSUCHでも大多喜麦酒のビールをドラフト生で、ご提供する予定なので、お楽しみにしていてくださいね!!


2021年6月9日 水曜日