オリジナルビール仕込み@西川口Grow Brew House

8月の末日のある日に、西川口にあるGrow Brew Houseさんへ、オリジナルビールを仕込みに行ってきました!

IMG_20200920_080640_980

この試みは実は今年の始めくらいから計画していて、2月に既に打ち合わせなどを行っていました。

IMG_20200920_080740_698

 

そして、4月に仕込む予定でした。…ところが、ご存知の通り、4月に緊急事態になってしまい、ステイホーム期間を経て、8月になってようやく計画が再始動した訳でございます!

今回、一緒に仕込み作業&指導をして頂いたのはGrow Brew Houseのマスターブルワーの岩立さん。

IMG_20200920_082401_164

ホームブルワーとして独学で醸造を勉強、研究して、現在いろいろなスタイルのビールにチャレンジしています!

そして今回仕込むビールは

『レッドエールベースのESB-ハンドポンプ版-』です。

この字面だけ見ると、何の事かよく分からないと思いますので簡単に説明します。

「ESB」というのは「Extra Special Bitter」の略で、エールビール(フルーティー、豊かで芳醇なビール)のスタイルの1つです。通常のエールビールよりも麦芽、ホップを多量に使用しており、力強い風味と柑橘系の味わいが特徴。今回のオリジナルビールはこのESBを「レッドエール」と呼ばれる赤みがかったカラメルの様な甘み、香りが特徴のエールビールをベースに作ってみました。そして、これをカーボネーション(発泡性)を排除したハンドポンプ版に仕上げるということです。

では半日かけた仕込みの様子をどうぞ!

IMG_20200920_084958_715

モルト(麦芽)の粉砕。今回はレッドエールということで『Red X』という種類のものを使用。

IMG_20200920_085243-0

粉砕した麦芽を湯でマッシング(糖化)。この日は猛暑で、この作業…めちゃくちゃ暑かった…この醸造現場は軽く40℃超えしてました。

IMG_20200920_112334_553

ホップの選別、計量。今回はブリティッシュさをより出そうということで、ファグルというイギリスの品種のホップを使用。

IMG_20200920_115103_627

別のタンクに移し、煮沸の工程へ

IMG_20200920_112907

煮沸に少々時間がかかるので、その間に昼休憩。立ち寄った喫茶店『ゼスト』。ご夫婦で30年営業されている昔ながらの喫茶店。とても居心地の良いお店でした…。

 

IMG_20200920_112605_047

 

仕込みもいよいよ大詰め。

最後に酵母の投入、、

これで3~4週間熟成を待ちます。

そして、先日、ブルワーの岩立さんから、「今日ケグ詰する予定です。
度数は4.5%で素朴で美味しい感じです。リアルにはバッチリ合うのでは無いかと思います!」と、完成品の写真と共にご連絡が!…

IMG_20200920_115838_722

見事に赤みがかったいい感じの色に仕上がってます!

早くて今月末、遅くても来月10月中には、NONSUCHでお披露目できると思いますので、お楽しみにしていて下さい!!その際は、SNSなどで告知致します!

最後に、

今までに、NONSUCHでは主に2種類のオリジナルのエールビールを作りました。1つは、NONSUCHオープン時に岩手県一関市にある「いわて蔵ビール」さんに1人出向いて、仕込んできた『My Brown Guitar』という名前のシナモンフレーバーのブラウンエール。もう1つは、先日まで周年ビールとして繋げていた『Red Brick Dream』という名前のこれまたシナモンフレーバーのレッドエール。

両方とも名前の由来は、XTCという私が愛する英国のバンドの曲名。店名の『NONSUCH』の名前の由来もXTCのアルバム名。と、XTCというバンドにまつわる名前を考えてきたわけですが、今回のオリジナルビールの名前はXTCにまつわる名前ではございません…!

今回のオリジナルビールの名前は

『Waterloo Sunset』

ロック好きな方ならピンと来ると思いますが、The Beatles、The Rolling Stonesに並ぶ英国の国民的バンド、The Kinksの代表曲のひとつ!大好きな曲です、!

今回のオリジナルビール…レッドエールベースのESBのその赤みがかった色を、テムズ川に沈む夕焼けに見立て、命名してみました。自分もロンドンに訪れた際に、何回かテムズ川のほとりを散策しましたが、自分が訪れた時は、決まって天気が悪く、曇ってたり、雨降ってたりで、夕焼けは見れた試しがありません…。(まあ、基本、ロンドンは曇天模様が多いですしね…、)。

実際にウォータールー駅には降り立ったことはないのですが、どうやらウォータールー駅から見る夕焼けは絶景のようです…、!結びに、にその絶景と名曲「Waterloo Sunset」の歌詞をどうぞ…!

waterloosunset

汚れ淀んだ川よ
お前は夜の闇へと
まだ流れ続けなければならないのか
慌ただしく行き交う人々は
ぼくをクラクラさせる
タクシーのライトが眩しく光る

でもぼくは友達なんかいらない
ウォータールーの夕焼けを眺めていれば
ぼくは幸せ

毎日ぼくは窓から世界を眺めている
でも夕暮れ時は冷えるね
ウォータールーの夕焼けは素晴らしい

テリーとジュリーはウォータールー駅で
毎週金曜の夜に待ち合わせ
でもぼくは外をぶらつくのも面倒だから
夜は家で過ごす

だけど不安には感じない
ウォータールーの夕焼けを眺めていれば
ぼくは幸せ

たくさんの人々がハエのように群がる
ウォータールー駅の地下鉄
でもテリーとジュリーは川を渡って
ほっとできる場所へと向かう
彼らには友達なんていらない
ウォータールーの夕焼けを眺めていれば
彼らは幸せなんだ


2020年9月20日 日曜日