Viewpoint of NONSUCH vol.3 ~ノンサッチの視点 其の3~

IMG_20141111_231430

「リアルエール」考察

皆様はリアルエールと聞いて何を思い浮かべますか?
まだ日本にリアルエールというビールの飲める場所は少ないと思います。ですから、あまり馴染みがないのは当たり前です。

今、世の中でクラフトビールの波がうれしいことに
大きく来ています。
数年前と比べて、クラフトビールが飲める場所は
段違いに増えています。
しかしながら、クラフトビールの中でリアルエールというビールの数は多くはありません。

まず、クラフトビールというものは
いったいなんなのか?
私自身の見解ですが、これは、まさに身近になった
私たちの生活に根差したビールだと思います。
大手メーカーが作るビールに比べて、
とても個性的で芸術的でさえあるビールです。
少量生産ならではの実験的かつ革新的なビール。
その美味しさや面白さ、そして情熱と真心が
、作り手とそんなに遠くない距離感で堪能できる、
いわば、インディーなもの。

その中で、リアルエールというビールを作っている
ブルワリーもあります。
もともとリアルエールは英国発祥の伝統的なビールで、今でもイギリスのパブには9割方このリアルエールは置かれているようです。

リアルエールは、普通のドラフトビールと何が違うのかというと、

1、ガスを使わずサービングする
2、樽内で熟成(二次発酵=カスクコンディショニング)させる
分かりやすくいうとこの二点が特徴です。
なので、
リアルというのは、
ビール本来そのままの、熟成もさせ味の変化も
楽しむまさにリアル=ライブなビールなのです。

日本でのリアルエールの現状は、イギリスと違い
パブ文化の歴史も短いのでなかなか本場のように、
パブでセラーマンと呼ばれる人間の手によって二次発酵を管理するのはおそらく難しく、その役割はブルワリーさんにやってもらうことが多いと思います。翌日にはブルワリーからパブへ届けられるこの日本の輸送環境の素晴らしさだからそれは問題ないと思います。

リアルエールを作って、お店に届けることは
手間が正直なところ、かかると思います。
だからこそまさに、作り手のリアルな温もりと愛情が
リアルエールにはあると思うのです。


2015年12月28日 月曜日

Viewpoint of NONSUCH vol.2~ノンサッチの視点 其の2~

IMG_20151118_024538NONSUCHではいろいろな音楽がかかります。
イギリスのロックが多くかかります。
店名の由来でもあるXTCはもちろん
その場の雰囲気とお客様によって
曲が決まったりします。
基本的にはゆったりしたもの
心地よいものが多いですが、
雰囲気でにぎやかなものや、
刺激のあるものもお店にマッチします。
時折、お客様から
<今かかってる曲は何?>
などおっしゃってくださることもあります。
そういったときは、とてもうれしい気持ちになります。
そんな場面の連続できるイベントがあったらいーな、と思い
実験的にDJイベントをやります。
その名も
「What is this?」。
(=「これ、なあ~に?」)

あまりBGMにならない、
というか、BGMにしておくには
もったいないくらいの細部にこだわった
曲やじっくり聴いたらスゴい曲などたくさんあります。
今、
あまり音楽を、ロックをじっくり聴く時間もあまりないと思います。
こういったイベントで是非、音楽の素晴らしさや気持ち良さを再確認して頂けたらと思います。

Nonsuch DJ event!!
U.K twisted rock & Fine melodies
「What is this? vol.1」
2015. 11.30 mon 20:00~
No charge!!
DJ : Fun Harems
(Yuji haramura & Noribumi Suzuki)


2015年11月29日 日曜日

Viewpoint of NONSUCH vol.1~ノンサッチの視点 其の1~

IMG_20151104_145332

ノンサッチにはハンドポンプが4つそびえ立っています。そのうちの2つは純粋なハンドポンプです。残りの2つは窒素ガスでアシストしてサービングするハイブリッド型ハンドポンプです。
リアルエールと呼ばれるものは、純粋なハンドポンプ2つからサービングして、ケグビール(ガス付けしてあるもの)はハイブリッド型ハンドポンプでサービングしています。

この4つのハンドポンプには
ノンサッチならではのこだわりの細工が施してあります。
ハンドポンプにはシリンダーという筒状のパーツが
取手の下部にあるのですが、そこをビールは通過してサービングされます。そのシリンダー部分は通常はむき出し(カバーはあります)になっており、常温の状態です。
シリンダーに貯まっているビールも冷やすべき
と考えた結果、
コールドテーブル(大型冷蔵庫)の改造版を
特別発注しました。
かなりの手間と費用がかかってしまいましたが、
これによって、新鮮で美味しいビールを提供できることになりました。

ノンサッチのハンドポンプからサービングされるリアルエール、ハイブリッド型ハンドポンプからサービングされるビールは
比類なき(nonsuchな)設備でサービングしております!!


2015年11月4日 水曜日

Preston Ale!!!

IMG_20150930_150157

先日、栃木のプレストンエールさんに
工場見学に行って参りました。
朝、仕事の片付けをして、風呂もおろか、
着替えもせずに、仕事したままの格好で
電車に飛び乗りました。

プレストンエールは
ジョイフルホンダという
空港みたいな大きなホームセンターみたいな
ところの一角にあります。

工場長の須藤さんの
心のこもった丁寧な説明は
とても分かりやすく
今まで以上にプレストンエールを知ることが
出来ました。

糖化の仕方、
濾過の工程の苦労、
酵母の話、
など
お話しして頂いたり、
我々の細かいことから、
素朴な疑問までにも優しく
対応して頂きました。

プレストンエールさんは
英国スタイルのブルワリーですので、
今後もノンサッチでは、
不定期ではございますが、
プレストンエールをリアルエールで
皆さまに美味しく飲んで頂けるように、
須藤さんはじめ、スタッフさんと共に
ご用意していきます。

ちなみに、須藤さんと私は
同じ群馬県人でもあり、
私の高校の同級生の友人が、
須藤さんとも知り合いだったという偶然も
あったり、さらに須藤さんはノンサッチの店名の
由来でもあるXTCのファンでもあったりと、
いろいろな共通点に感動を抑えることが、
出来ませんでした!!

ノンサッチでは、
今、現在、
ゲストリアルエールタップに
プレストンブラウンエールが
繋がっております!!
アルコール度数4%の
すっきりとした飲み口の
ブラウンエールです。

是非お試し下さいませ!


2015年9月30日 水曜日

One week later…..!!

IMG_20150913_165319
通常営業開始して
一週間ほど経ち
だいぶ店の雰囲気も落ち着いてきました。

美味しいビールと
グッドミュージックで
お待ちしております!!

本日のビール樽生ラインナップ
⚫フラーズESB
⚫いわて蔵✖NONSUCH オリジナル
シナモンブラウンエール
⚫いわて蔵リアルエールIPA~ケントゴールディングス.ドライホッピングver.~
⚫サンクトガーレンXPAリアルエール

いわて蔵✖NONSUCHオリジナルシナモンブラウンエール「My Brown Guitar」今回のバッチ、ラスト一樽です!!お早めにどーぞ!

~Information~
☆☆9月23日水曜日は設備メンテナンスのため、
19:00~23:00までの営業となります!
よろしくお願いいたします!☆☆


2015年9月16日 水曜日

After Hours

IMG_20150906_133145

先日、9月5日は
NONSUCHのオープン日でした

たくさんのお祝いのお言葉、お花、お酒からオモチャまで、どうもありがとうございました

このNONSUCHをオープンさせることに
注力していたら
いつのまにか
今年の夏は終わっていました

こんなにも早く
過ぎ去っていった夏は
今までにないのではないか、
というくらい
あっという間でした

土曜日はオープン日で
お祭りムードの一日だったけど
今週からいよいよ
NONSUCHの連続したストーリーが
始まります

皆さまひとりひとりが主役です
NONSUCHが皆さまのNight Talesを
演出していけるのならば
幸いです

お楽しみはこれからです!


2015年9月7日 月曜日

Let’s Begin !!

IMG_20150828_210647

いよいよ

本日 9月5日 19時~28時

NONSUCH

始まります

ビールを片手に
にぎやかな場所で
かかり続ける音楽に
ずっと耳を傾けてみてください

どうぞひとつ
よろしくお願いいたします
 

NONSUCH 店主 鈴木規文


2015年9月5日 土曜日

Wonder Wall !! ~真夜中の不思議の壁づくり~

IMG_20150815_052634

Ale houseでの仕事後,
Nonsuchへ移動しての
真夜中の壁板張り作業…….
(撮影協力:うちの社長)

遠い昔に買ったコロムビアの
ポータブルレコードプレーヤーを
引っ張り出してきて
久しぶりにElvis Costelloの
アナログLP「talking Liberty」を聴きながら
作業…..

このアルバムはシングルのみのリリースと
未発表曲が集められたアルバムで、
高校生時代によく聴いた1枚でもあります。
このアルバムで、コステロの懐の深さを
知りました。
イイ曲ばかりです!

とか言って
まあ、ぶっちゃけ
作業に集中しなきゃなんで
曲の良さを噛み締めてる程の余裕なんて
ないんですが……..
やっぱり好きな音楽があると
若干、作業のテンポ良くなります!

次回の作業のBGMは
KRAFTWERKの「人間解体」を
予定しております!!

◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈
グランドオープン日、決定しました!!
2015年9月5日(土)にオープンします!!
2015年9月5日オープンに向けて
BeerPub「NONSUCH」内装工事苦戦中!!
業者さんのお盆休みを計算に入れてなかった!
それと、オープンに向けての
諸々作業のボランティアお手伝いさん、
オープン後のレギュラースタッフも超募集中!
◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈


2015年8月15日 土曜日

NONSUCH 岩手IN DA HOUSE!

NONSUCHオープン記念オリジナルビールを
仕込むため、いわて蔵ビールに行って参りました!

IMG_20150806_002844

IMG_20150806_002933

岩手も暑い❗
35℃!

今回仕込むビールは
シナモンを使ったブラウンエール。

ブリティッシュスタイルを得意とする
いわて蔵ビールさんの工場長
後藤(旧姓:佐藤)孝紀さんに
1日お世話になります。

IMG_20150806_004706

今回はブラウンエールということで
ペールモルト35kg,カラメルモルト3kg
を使用
IMG_20150806_003456

モルトはイギリス産のCRISPという会社のもの。
いわて蔵ビールでは、このイギリス産モルトと
ドイツ産モルトを主に使っています。
いわて蔵レッドエールには、このカラメルモルトが、
スタウト系黒にはローストバーレイモルトと泡持ちを
良くするためにウィートモルトも結構入れているそうです。
IMG_20150806_003623

まずは、このモルトを粉砕したものを
68℃のお湯に投入します。
マッシング=糖化の行程です。
糖化にはインフュージョンマッシングとデコクションマッシングと主に2つの方法があります。

イギリスではインフュージョンが主で
ドイツ、チェコなどではデコクションが主流です。

造られるビアスタイルによって
糖化方法が異なるわけです。

IMG_20150806_003233

このマッシング=糖化を
90分間行います。

糖化が終わると
次にスパージングという
モルトのもろみにお湯をかけて
糖を洗い流します。
この段階で比重を計測して
糖度を調整します。

そして煮沸釜へ移動

IMG_20150806_003959

90分煮沸します。

ここから登場するのがホップです。
今回は
ビタリングホップ=苦味をつけるホップに
ドイツ産のナゲット80g、
アロマホップ=香り、フレイヴァーをつけるホップに
イギリス産のケントゴールディング160g
を使います。
IMG_20150806_003818

煮沸の序盤にビタリングホップ、ナゲットを投入
そして煮沸終了間際にアロマホップ、ケントゴールディングを投入します。

そして、今回のハイライトともいえる
副原料のシナモンです。

IMG_20150806_004910

今回はスティック状のシナモンを30g使います。
煮沸開始60分経過したところでネットに入れて
投入。

IMG_20150806_005013

この煮沸作業の待ち時間に
食事&いわて蔵ビール社長の佐藤航さんに
NONSUCHで通年、取り扱う
いわて蔵リアルエールについて、
いろいろお話しをお伺いしました。
そして、航さん秘蔵のリアルエール白書を
お譲り頂きました!!

IMG_20150806_005224

航さん、孝紀さんもこれでリアルエールを勉強したそうです。

本日の仕込み作業は、煮沸を終えて終了。
この時点での麦汁を試飲させていただきました。
IMG_20150806_005350

イイ感じです!!
色も想定内の色味になっているし、
ほのかに感じるシナモンフレイヴァーが
心地よく、モルティーなブラウンエールと
マッチしています!
孝紀さんとテイスティングして
話し合った結果、分かりやすくするために
発酵後にもう少しシナモンを足すことになりました。

この後は貯酒タンクに移し、温度を下げてから
酵母を入れて発酵、
そして約1ケ月熟成して行きます。

今回仕込んだ
「NONSUCHシナモンブラウンエール」は
オープン日の9月5日から
池袋NONSUCHで飲むことが出来ますので、
皆様お楽しみに!!

IMG_20150806_010253


2015年8月6日 木曜日